猫の粗相・しっこ・小便対策や飼い猫が逃げた時の捕まえ方・探し方、猫・ペットの自動給餌器・オートフィーダー、アロマが猫に有害かどうか、エッセンシャルオイルやアロマディフューザー、ファーミネーター、猫の毛を洗濯物から取り除く方法など。

アロマディフューザーの手入れ・掃除と危険性

2009年12月14日




アロマディフューザーは手入れしないとバイキンが繁殖して、繁殖した霧を部屋中に噴出してしまうバイオハザードみたいなことになってしまうようです。こまめに手入れ・掃除をした方がいいとは、確かに無印で買ったアロマディフューザーの説明書にも書いてあったような気がします。

最近買ったエッセンシャルオイル系の液体があるのですが、出口がポタポタと少しずつ落ちるような工夫がされていなかったので、はじめにペットボトルの中で多めに液体を作ってからアロマディフューザーに入れるようにしたいと思っています。これならあまりに濃すぎて猫の体にショックを与えにくいかもしれません。

とは言っても、結局のところ猫にエッセンシャルオイルはまずいということが勉強してザックリと結論が出たので今は使っていません。

ちなみにそういう意味では猫がいる部屋でタバコを吸うのもやはり良くないというのは想像しやすいことですね。猫の体についたヤニを猫は自分で毛をなめて体内に入れてしまうわけですから、タバコを吸った部屋の服があれだけ臭いことを考えると・・・大変です。

追記)リンク集にリンクしている、ハイドロゾルを試してみましたが、匂いが微かすぎて満足できませんでした。大量に消費してしまい、すぐになくなってしまうので高くつくと思いました。


posted by 猫の臭い対策・抜け毛を防ぐ空気清浄機 at 18:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 猫とアロマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/135616261

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。